レートとは何かと言うと買おうと思っている人と売り手

今回は為替市場の基本理由に関しての話題です。75-13-126

為替とは何かというと「直接キャッシュの送金をすることなく金銭のやり取りの望みを為すもの」になります。75-12-126

普通為替市場とは主に外国の為替のことを言い表す人が大半です。75-11-126

外国為替というのは両国の金銭のやり取りのことを示します。75-10-126

他国へ旅行(スペイン、アメリカなど)などしたならば、確実に国際為替の体験をしたことがあるでしょう。75-18-126

近くの銀行に行って旅行先のお金へと両替するならば、それが国際の為替という事になります。75-19-126

為替のレートとは何かと言うと買おうと思っている人と売り手の価格を指したものです。75-6-126

銀行と銀行の間でのやり取りによって決まります。75-20-126

その銀行とはマーケットメイカーと言う世界のたくさんの銀行なのです。75-8-126

為替の相場は周りからの見えない力を受けつつも休む暇なく時間とともに変わって行きます。75-4-126

相場を変動させる要素としては、ファンダメンタルズが言われます。

ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済の流れ、経済のベースや様々な条件のことを表すものです。

GDP成長率や景気状態、国際収支、重要人物の言葉と言うことが関係して為替レートは変動して行きます。

その中でも貿易収支と無就業者数は肝心なところなのです。

貿易収支というものは、日本でいえば財務省からの委任で日銀が貿易の統計を利用して書いた他の国との任意の期間のトレードを記載したものです。

統計は中央省庁や日銀のホームページなどで確認することができます。

就業者の統計・失業者の割合も重要ポイントとなるケースが多い理由なのです。

格段米国就業者の統計は注目されます。

月ごとに公開され検証のねらいが幅広い点がポイントです。

為替の変動は経済自体の動向を指しているので。

景気の動向を見定めることによって為替相場の動向予測が可能となると言う結論です。

Copyright © 1996 www.moscheadiroma.com All Rights Reserved.
75-16-126 75-7-126